イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故の要因とは

交通事故の要因には、大きく分けて
「環境要因」「人的要因」「車両的要因」の3種類があります。


環境要因とは、

  • 昼夜のどちらであるか
  • 路面(乾燥、湿潤、凍結、積雪、非舗装)
  • 道路の形状(平面、勾配、カーブ、直線、幅)
  • 道路の種別(高速道路か否か、幹線道路か否か、車線数)
  • 道路標識の有無(一時停止、一方通行など)
などが具体的な要因として挙げられます。


人的要因とは、

  • 危険を認知する速度
  • 走行距離に応じた疲労
  • 携帯電話の使用
  • 前方不注意、脇見運転、居眠り運転
  • 車線変更時の後方不注意
  • 一時不停止、急ブレーキ
などが具体的な要因として挙げられます。


車両的要因とは、

  • 車種(原付、軽自動車、乗用車、大型車)
  • 車両構造(車のサイズ、強度)
  • タイヤの種類
などが具体的な要因として挙げられます。


これらの組み合わせによっては、
慰謝料の負担に関わる過失割合が増減したり、
重過失に繋がる要因として扱われることがあります。


一般的には、運転技術が事故の発生率を
左右するのではないかという見方をされる事が多いです。

しかし、統計から分かるのは、事故の約9割が、
目に入って来る情報を正常に処理できない
「見落とし」が原因によるものであるということです。


これはつまり、情報を見落としてしまう原因である
「焦り」「長時間運転の疲労」「飲酒」「思い込み」
などを減らすことが、事故要因を減らす一番的確な方法だという事です。


ちなみに、事故の発生率や規模の大きさと、
原因や運転技術の間にも、大きな相関はありません。
ポイントは一貫して、見落としを減らすことです。


つまり、運転がどれだけ上達しても、交差点の一時停止や、
制限速度の厳守、車線変更時の後方確認など、自動車学校でも教わる
基本事項を、どれだけ守れているかが、事故を減らす鍵になります。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ