イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


自賠責保険の請求方法

自賠責保険への請求には、
加害者請求と被害者請求の2種類があります。

加害者請求:
加害者が被害者へ賠償金を支払った後に保険会社へ保険金を請求する


被害者請求:
被害者が直接保険会社へ賠償金を請求する


原則として、受給には示談が成立している事が条件です。

しかし、示談交渉が難航し、被害者の生活費や治療費の支払いが
苦しくなるなどの状況を救済する面から、示談成立前でも
仮渡金請求によって、支払われるという制度があります。


自賠責保険の請求に必要な書類

被害者請求や加害者請求で、共通して必要となる書類は、

  • 診療報酬明細書
  • 休業損害証明書
  • 看護費領収書
  • 印鑑証明書
  • 保険金支払い請求書
  • 交通事故証明書
  • 事故発生状況報告書
  • 診断書

です。

死亡事故の場合は、これ以外に被害者の除籍謄本
後遺障害が発生した場合は後遺障害診断書が必要です。
仮渡金請求以外の場合は、示談書も必須です。


書面のフォーマットは、地方自治体の役場や病院から
発行される書類を除いて、全て保険会社に備わっています。
もし書式や用紙が欲しい場合は、保険会社に問い合わせて下さい。


加害者請求の場合の注意点

加害者請求の場合は、 加害者がお金を
実際に支払った後でないと請求することができません。

ケース1 示談成立後に加害者が被害者に賠償金を支払う
ケース2 病院の治療費、被害者の休業補償手当を支払う

のいずれかの後に、その支払ったお金の領収書を
添付した上で、保険会社に請求します。


また、加害者は被害者に休業補償を支払ったり
示談を成立させる前に、保険会社の担当者や
弁護士と、事前に必ず相談をしてください。

それは、担当者は支払い金額を決める際に
保険会社基準や弁護士基準に照らし合わせて
事故の損害額を考え、示談を行うからです。

ここで、加害者が相談をせずに自分の判断で
被害者にお金を支払っても、保険会社や弁護士が
それを認めなかったり、話がこじれる可能性があります。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ