イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険と任意保険の一番大きな違いは、
「加入が法律によって強制されているか否か」という点です。

自賠責保険は加入が強制、任意保険は加入が任意です。


自賠責保険は、被害者に対して、法律で定めた金額に関しては
補償を受けられますが、対象は対人のみで、物損に関しては
補償の対象にならないのが原則です。

それに対し、任意保険は、対人・物損を含めて
自賠責保険の補償額に上乗せで支払いを受けることができます。


任意保険は通常、

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険

を最初から含んでセットで販売されており、
「自動車総合保険」という名前で扱われていることが多いです。


任意保険に勧誘すると、多くの場合、
これらに自動的に加入する流れになりますが、

保険の存在や概要を知らないと、
本来請求出来るはずの保険金を
請求し忘れてしまうことになります。


傷害・死亡・後遺症の各等級に関しては、
自賠責保険は最初から保険金額が定められており、
任意保険の場合は、最初の契約時に保険金額が定まります。

被害者は実際に生じた損害を請求出来ますが、
もしそれが保険金額を超える額だった場合は
保険で賄えないので、加害者に直接請求する事になります。

保険金の算定方法は基本的に同じ

自賠責保険と任意保険のうち、
対物・対人賠償保険は、実際に生じた損害をカバーするもので、
保険金の算定方法の基本的な考え方は同じです。

あくまでも違うのは、補償金額の限度額です。


しかし、自賠責保険は被害者救済が一番の目的なので、
保険会社が保険金を支払わなくて済む免責事項が少なく、
被害者側の過失に関して、過失相殺や減額が調整されます。

そして、保険金の算出方法も、任意保険の計算式よりも
定型化されている部分が多く、計算が早いという特徴があります。


また、任意保険の自損事故保険と搭乗者傷害保険は
実際の損害額に関わらず補償額が一定です。

そして、加害者にも支払われる可能性があるという点で、
他の保険とは特別に異なる点を持っています。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ