イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


自賠責保険とは

自賠責保険とは、人身事故の場合のみ適用されており、
原付を含む全ての車両が法律で強制加入が義務付けられている、
「自動車損害賠償責任保険」の略称です。

これに対して、自賠責でカバーできない部分の損害賠償を
補う保険は、任意保険と呼ばれています。


自賠責保険の加入が法律で定められている背景には、
加害者が全く資金力が無かった人の場合、被害者に対して
罪を償う手段が無くなり、被害者が救われない事があります。

そこで、強制的に全員を保険に加入させることで、
最低限の補償を確保し、被害者の保護を図ろうとする制度が
強制保険=自賠責保険なのです。


当然、被害者保護が目的の保険ですから、
物損事故で破壊したものに対して、保険の支給はありません。

この自賠責保険に加入していない自動車は
公道を走ることができず、違反して運転した場合は1年以下の懲役
もしくは50万円以下の罰金が課されます。

このような性質から、
「自動車を運転する人は、必ず入ってくださいね」
という意味合いが強く、強制保険と呼ばれています。


人身事故に対する自賠責保険の支払い限度額は、
傷害事故に対して120万円、死亡事故に対して3000万円です。

後遺障害が残った場合については、
14級から1級までの等級が定められ、
その等級によって支払い限度額が定められています。

詳細はここでは割愛しますが、介護を要する後遺障害の場合は
最大で4000万円、その他の場合は3000万円が
それぞれ限度額となっています。


また、傷害事故で賠償額が120万円を越える場合は、
加害者が自賠責保険だけでなく、任意保険に入っていれば
超過した分については、そこから補填を受けることができます。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ