イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


右直事故の過失割合について

右直事故を初めとした、交差点で起こる交通事故は
大きく2つのパターンに分けることができます。

一つは、信号機がある交差点での交通事故、
もう一つは、信号機が無い交差点での交通事故です。


信号機がある場合の交差点では、
車が侵入した時点での信号によって
基本的過失割合が判定されます。

それに対して、信号機が無い交差点の場合は、
優先道路や幅の広い道路から侵入してきた車が
過失割合の判定に関して有利になります。

それ以外の道路では、左方優先の原則という
左から侵入する車が優先という決まりや、
道路に一方通行の違反が無いかが大きな要因になります。

事故の状況別における、右直事故の過失割合

直進車VS右折車の、交差点内で起きる事故の場合

原則として、交差点を右折をする車は、
交差点を直進する車の進行を邪魔してはいけないと
道路交通法で規定がされています。(直進車優先の原則)

信号機と事故の状況 過失割合
車①と車②が共に青で侵入 ①が20%、②が80%
車①が黄、車②が青で侵入後、黄で右折 ①が70%、②が30%
車①②共に黄で侵入 ①が50%、②が50%
車①②共に赤で侵入 ①が50%、②が50%
車①が赤で侵入、車②が青で侵入後、赤で右折 ①が90%、②が10%
車①が赤で侵入、車②が黄で侵入後、赤で右折 ①が70%、②が30%
車①が赤で侵入、車②が青矢印信号の指示で右折 ①が100%、②が0%
信号機が無い場合 ①が20%、②が80%


右折車同士の、交差点同士で起きる事故の場合

?

交差点に入る時点で、双方共に、徐行を行いながら
自分以外の車両にも注意を払う義務が課せられています。

よって、右折をするにあたっての減速、徐行をしているか?を 判断要素として、基本的過失割合が決められています。

左折車VS対抗右折車との事故

?

先述した通り、右折車と絡んだ場合の交差点の優先関係は
直進車や左折車の方が優先の立場にあるので、原則として
基本的過失割合は右折車の方が高くなる場合が多いです。

右折車VS追越車(直進)との事故

?

この場合は、交差点で右折しようとする車は
「交差点手前30mから合図を出し、その方向に可能な限り寄せる」
という義務が課されていることを、前提として考えます。

さらに状況に応じた事情を踏まえて、基本的過失割合を決めます。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ