イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


中間利息とは

交通事故を初めとした賠償金の支払いでは、
「死亡者の見込み生涯年収」など、
将来受け取るべきはずだったお金を
逸失利益として先に受け取る場合があります。

この場合、多くの損保会社では
受け取った時と本来受け取るはずだった時の間の期間分で
賠償金額から、利息分を控除する仕組みになっています。

この控除される利息のことを、「中間利息」と呼びます。


例えば、1年後に将来1650万円を受け取ることが可能な場合に、
そのお金を事前に受け取ってしまうとすると、利率10%であれば
現在受け取るお金は1500万円に減額されます。

この時控除される150万円が、中間利息です。


仮にこの中間利息が無いと、事前に受け取ったお金を
資産運用することにより、本来将来受け取る額よりも
利息分、お金を増やすことができてしまいます。

そこで、現時点で将来受け取る賠償金を
一度に支払わせる(受け取らせる)にあたり、
その金額を決める際に中間利息を控除しているのです。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ