イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故の示談トラブルを避ける為の注意点

交通事故の示談でトラブルになりやすいのが、
保険会社との交渉時のやりとりです。

保険会社の担当者の中には、全員ではないものの
一部モラルの低い方もいます、被害者が何も知らない事に
つけ込んで、交渉を有利に進める方も存在するのです。


仮に一度示談が成立し、示談書を作成してしまうと、
その後に示談をやり直すことはできません。

なので、示談交渉の際には、示談交渉をした年月と
その時に具体的に何を話し合われたのかを、
可能な限り詳しくメモしておいてください。

できれば、ICレコーダーなどを使って
会話の内容は全て録音しておきましょう。
話し合いに臨む際は、平常心を保つよう心掛けます。


保険会社の担当者は、話の進行内容によっては
「もうこれ以上の保険金は出せない」と
申し入れをしてくることもあります。

しかしそれは、任意保険会社の内部基準によって
出せないという場合もあります。

こういう場合は担当者の話を鵜呑みにせず、
弁護士などへの相談により、本当はどうなのかを
冷静に検討してみなければなりません。


そして、最終的にどうしても相手の訴えに
納得がいかない場合、示談に応じる必要はありません。

加害者が加入している強制保険の保険会社に対して、
直接支払いを請求する被害者請求や、各都道府県や市の
法律相談所、日弁連交通事故相談センターや
交通事故紛争処理センターの調停や
訴訟などの法的手段を検討することになります。

なお、被害者といえども過失があるようなケースでは、
被害者の加入している保険会社と
加害者の加入している保険会社との間で
示談交渉がなされることもあります。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ