イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故損害賠償の基礎知識

交通事故における、被害者が加害者に要求出来る損害賠償は、
民事上の責任に対するものであり、具体的には、

  • 人身事故に対する損害賠償
  • 物損事故に対する損害賠償

の2種類に大きく分かれます。


また、この内、前者の人身事故は、その内容に関して

  • 死亡事故に対する損害賠償
  • 傷害事故に対する損害賠償
  • 後遺傷害に対する損害賠償

の3種類に分けて考えることが必要です。


以下の表に、入通院治療に関する慰謝料と、
後遺障害に対する慰謝料を一覧で示します。

内訳 傷害事故 死亡事故 後遺障害
財産的損害 治療費
付添人費用
休業損害
雑費、通院交通費等
死亡による逸失利益
葬儀費用
後遺障害による
逸失利益
精神的損害 入院・通院に対する
慰謝料
死亡に対する慰謝料 後遺障害に対する
慰謝料


傷害事故に対する損害賠償

賠償金の内訳に関するそれぞれの補足をすると、

治療費:
後遺障害が残った事の精神的苦痛に対する損害です。

付添人費用:
被害者の怪我の程度次第で、身の回りの世話を
誰かにしてもらう必要があると認められた場合に降りる費用です。

休業損害:
怪我の治療の為に入通院したことによって、
収入を得られなかったことに対する損害です。

慰謝料:
怪我を負った事自体によって入通院をして治療を受け、
精神的苦痛を受けたことに対する損害です。


死亡事故に対する損害賠償

死亡事故の場合は、

逸失利益:生存していた場合に将来得られたはずの収入
慰謝料:死亡者と残された家族の精神的苦痛に対する賠償金

この2つが、損害賠償の内の大きな部分を占めます。


事故から数ヶ月経って死亡した場合、
負担した治療費の損害は傷害事故と同様にかかってきますので、
傷害事故の内訳と合算して考えてください。

尚、慰謝料の基準は年々変わっているので、
常に最新の基準を確認するようにしましょう。


後遺障害に対する損害賠償

治療を受けても元に戻らない傷害の場合は、
後遺障害による損害として、通常の傷害とは
切り離して、別途賠償金を算定します。

背景としては、自賠責保険が傷害と後遺障害で
それぞれ保険金額を分けているので、
別々に考えた方が分かり易いという事があります。


賠償金の内訳に関するそれぞれの補足をすると、

慰謝料:
後遺障害が残った事の精神的苦痛に対する損害です。

逸失利益:
後遺障害が無かったならば将来得られたはずの利益です。

例えば、手足が麻痺する、四肢を失った、等のように、
後遺障害が残ると交通事故以前のようには働けません。
逸失利益は、この収入の減収分を賠償させようとする賠償です。


後遺傷害が残る事故の場合、損害賠償の中でも
後遺障害に対する賠償が大きな割合を占める事が多くなるので、
後遺障害の損害の算出方法を知っておく事は、非常に重要になります。

例えば、任意保険の保険会社の社員によっては、
後遺障害の損害金を提示する際に、「自賠責保険の保険金額が
慰謝料+逸失利益の合計額である」と言ってくる場合があります。


しかし、自賠責保険の保険金額と、加害者が賠償すべき賠償金額は
直接は関係が無いので、あくまでも「自賠責保険の限度金額」です。

加害者の賠償金額がそれ以上の場合は、
加害者の任意保険、もしくは
加害者自身に払ってもらう事になります。

社会的存在である保険会社ではあっても、
一部では相手の無知につけこみ、できるだけ低い保険金額で
示談をしてしまおうとする人がいるので、ご注意ください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ