イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


後遺障害診断書とは

後遺障害診断書とは、交通事故などで負った怪我が完治せず
体に残った後遺障害に対し、「この後遺障害はどの程度重いものか」
という医学的な証明として発行される、公的な証明書です。


この後遺障害診断書は、加害者側の保険会社、司法機関などに対して
適正な交渉や訴えをする為の重要な書類であり、診断書の有無や
内容の是非によって、後遺障害の認定等級が左右されます。
(最近では主に、交通事故の被害者請求の際に必要になります。)

事故で後遺障害が残った場合、仕事への影響による逸失利益や
怪我に対する慰謝料は当然発生しますが、診断書による認定等級次第では
それらの慰謝料総額が数十万〜数百万円単位で増減することになります。

この体に残ってしまった後遺障害に対して、
加害者に適正な慰謝料を払って償ってもらうために
必要なのが、後遺障害診断書なのです。


もし後遺障害診断書を作成することになった際は、
自分の病気の状況に関するあらゆる内容を
事細かに医師に伝えるようにしてください。

理由は、後遺障害等級認定の流れやルールを知っていくと分かりますが、
「主治医が作成した診断書に基づき等級を判断する」という決まりがあり、
この診断書は、医者が記載する医学的初見やコメントが全てであり、
内容次第で、後遺障害が認定されるかどうか、ほぼ決まるからです。


具体的には、

  • どんな事故だったのか
  • どんな状況で、どの部位が、どのように痛むのか
ということを、多少過剰と思われてしまう程でも、
しっかりと、一つ一つ伝えるようにしてください。

その一方で、被害者側から医師に対して、自覚症状や
事実を捏造したり「診断書を◯◯のように書いてください」
というのはNGです。

大抵の医師は、専門知識を持たない人からあれこれと
無理な要求や見当違いな話をされるのは嫌がりますし、
適切な診断書を作る上では、トラブルの原因になります。


このサイト上の記事内でも、後遺障害診断書の概要や
書き方のポイントは解説していますが、大前提として、
後遺障害の認定に関する適切な判断ができるのは、医者だけです。

私達が後遺障害診断書を作成する際に注意することは、あくまでも
「診断書の記載内容に関わる事実を適切に医者に伝える」ことであり、
「こちら側に都合の良い診断書を作成しようとする」ことではありません。


その上で、医師側が後遺障害の等級認定の争いに巻き込まれたくない、
しがらみやプライドから診断書自体を書きたがらないというケースや、
そもそも、後遺障害の等級認定基準にあまり詳しくない医者もいます。

その場合は、無理に交渉を続けず、
諦めて別の病院に転院するのも賢明な判断です。


なので、事実を適切に伝えることで、加害者や保険会社に対し
こちらが最大限の主張ができる診断書の作成を目指しましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ