イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故慰謝料の算定基準

交通事故慰謝料の算定基準は大きく分けて3つあります。

  1. 自賠責保険の算定基準
  2. 任意保険の算定基準
  3. 弁護士基準

この内、交通事故の示談交渉で、
加害者側の保険会社が主張する慰謝料金額は
多くの場合、自賠責保険基準や任意保険基準によります。

理由は、これらの基準は弁護士基準で定められている
日本弁護士会の入院/通院慰謝料表よりも低い算定額のものだからです。


1.自賠責保険の算定基準

自賠責保険基準では、傷害事故の慰謝料は、
原則として、1日あたり4200円とされています。

被害者の負傷の程度や状態、実際に治療に費やした日数などを考慮して、
治療期間の範囲内の慰謝料の対象となる日数を決めます。

算定日数に関しては
「実通院日数×2」「治療期間」の内、少ない方が採用されます。

また、この自賠責基準は120万円までしか出ませんので、
それを越える額に関しては、任意保険を使ったり、
加害者本人に請求する必要があります。


2.任意保険の算定基準

以前は統一基準が認定されていましたが、
保険の自由化により廃止されました。
現在、基準設定は各保険会社で独自に行われています。
(実際は、各社とも以前の基準からほとんど変更していないようです。)

尚、自賠責保険の場合には治療期間が長期化しても
慰謝料計算を1日あたり4200円で行っていました。

これに対して、任意保険の場合は、治療期間の長期化に伴って、
徐々に賠償金を減額していく形態を採用している保険会社が多いそうです。


3.弁護士基準

こちらに関しては、別の記事で改めて、通院日数に対する
慰謝料の算定基準を説明しています。ご参照ください。

交通事故慰謝料と通院日数の関係

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ