イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故の後遺障害認定を受ける為の手続き

後遺障害についての認定を受けるためには、
まず、医師の診断書が必要になります。

そして、損害賠償を請求するためには、被害者の後遺障害が
自賠責保険で適用されている「後遺障害別等級表」の
何級に該当するのかを確定しなければなりません。


後遺障害認定の手続きは、結果が通知されるまで
通常1ヶ月ほどかかるのが一般的ですが、
後遺症の程度の判定が難しい場合は数ヶ月かかることもあります。


等級確定の手続きとしては、最初に医師の診断を受けて
「後遺障害診断書」を作成してもらいます。

その後、加害者の保険会社に
後遺障害診断書を提出した上で、等級の認定を請求します。

提出された後遺障害診断書は、保険会社から
損害保険料率算出機構の調査事務所へと手続きが移ります。
そこで「後遺障害別等級表」に照らして、等級認定が行われます。


加害者が任意保険に勧誘している場合には、
原則として、その任意保険会社が
後遺障害認定のための手続きの申請を行います。

仮に、加害者が任意保険に未加入の場合や、
損害賠償額に争いがあることを理由に
任意保険会社が被害者からの請求に応じない場合は
被害者自身が自賠責保険会社に対して後遺障害認定の手続きを申請します。

後遺障害認定手続きのプロセスを経てその結果が出た際、
加害者の任意保険会社を通じて申請をしていた場合には
保険会社を通じて連絡があります。

また、被害者が直接申請していない場合には
被害者本人に対して通知されます。


後遺障害診断書を受け取る際に注意する事

後遺障害等級の認定は、多くの場合、
提出された後遺障害診断書による書面審査だけで行われます。

その為、医師の診断を受ける際に、
自分の症状を正確に伝えることが重要になります。

補充の資料としてレントゲン写真や
経過の診断書の提出を要求されることもあります。

なお、傷跡を確かめる場合等、調査員が被害者に
直接面談してから認定をすることもあります。


また、後遺障害診断書をもらい症状が固定したと判断された後は、
さらに別の後遺症が発症したとしても、新しく発症した方の
後遺症の治療費は、加害者に請求することが難しくなります。

後遺障害診断書は、被害者にどの程度の
後遺症が生じているかを証明するものです。

そのため、後遺障害診断書を受け取る時には、
症状や痛みの大きさをしっかりと医者に伝えて、診断書の中に
全ての後遺症について記載してもらうことが重要です。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ