イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


内容証明郵便とは

内容証明郵便とは、
「誰が・いつ・誰に・どのような文章を出したか」
という事を、郵便局が証明する制度です。

交通事故では、加害者が示談交渉に全く応じなかった場合、
損害賠償の手続きを進めることを加害者へ促すために、
この内容証明郵便を送ることが圧力をかける有力な方法になります。

一般的に、受取人に送達された事を明らかにする為、
配達証明付きの形式なことが一般的です。
急ぎの書類の場合、速達で出す事もできます。


内容証明郵便の書き方

1.内容証明郵便は、

  • 郵便局保管用
  • 相手方送付用
  • 差出人保存用
の3通を同一内容で用意します。

カーボン紙やコピーで複写をして用意してください。
但し、印鑑は3通それぞれに押印することになります。


2.内容証明郵便は、いきなりポストへ
投函するのではなく、必ず開封状態で
郵便局の窓口へ提出し、証明を受けてから封筒に入れます。


3.内容には字数制限があります。

  • 縦書きの場合:1枚26行以内、1行20字以内
  • 横書きの場合:1枚40行以内、1行13字以内
    または、1枚20行以内、1行26字以内
ちなみに、内容証明郵便用の用紙は、
文房具店などで市販されているので、
これを利用するのが一番お勧めです。


4.文章中の文字を訂正・削除・挿入する場合は、
欄外の上に「何字訂正(削除・挿入)」と
字数を明記し、訂正印を押印します。


5.2枚以上になる時は、
割り印(ページを跨いで印鑑を押すこと)をします。


6.使用出来る文字は
「仮名」「漢字」「数字」「固有名詞の場合の英字」
「かっこ」「句点」「一般的に使用される記号」に限ります。


7.原則として、差出人と受取人の住所氏名を末尾に記載します。


8.手数料は、以下の通りです。

  • 内容証明料金:1枚 420円
  • 書留郵便料金:420円
  • 通常郵便料金:定型25gまで80円
  • 配達証明料金:300円
  • 速達郵便料金(任意):定型250gまで270円

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ