イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故後の示談交渉の流れ

示談交渉を始めるのに適したタイミングは、
治療が全て終了(もしくは症状固定)し、
全損害額を計算し終わった段階になります。

被害者が損害賠償を加害者に請求する場合、
慰謝料を含めて、具体的な金額を提案しなければいけません。


しかし、治療が十分に済んでいない段階で金額を決めてしまうと、
合計の治療費や逸失利益の金額、後遺症の状況が分かりません。

なので、それらの損害額が明確になった段階で
示談交渉を始めるのがベストであると言えます。


治療費や生活費の負担が大きい場合は、
損害賠償の内金という形で、一時的な金額を
支払ってもらうよう請求することもできます。

なので、焦らず、正当な損害額を
請求出来る状態になってから
示談交渉を始めてください。


示談交渉をするにあたっての注意点ですが、
被害者の立場が強い傾向にあると言っても、
何でも勝手な言い分が通るわけではありません。

損害金や慰謝料の相場はしっかり調査しておきましょう。

また、事故から2年が経過してしまうと、
保険会社に対する請求はできなくなります。

そうなると必然的に、加害者は自賠責保険の範囲内で
支払いが済ませられない場合、資金力が無い場合は
実質的に損害賠償が受けられなくなってしまいます。

なので、この点には注意してください。


<参考>示談交渉を始める時期と注意点


傷害事故の場合の示談交渉

交通事故で負った怪我が完治し、リハビリの必要が無くなった段階で、
事故による治療費・入通院費・逸失利益などの
損害額や慰謝料の額が計算可能です。

つまり、この段階で初めて、示談交渉が可能という事になります。


加害者が任意保険に加入していた場合、大抵の場合は、
保険会社の方から示談交渉の開始時期の連絡があります。

示談交渉は何回かに分けて行われますが、
最初の交渉では具体的な損害賠償の提示はありません。
顔合わせや、様子を伺うという意味合いもあります。

数回の交渉を経て、やっと損害賠償額が提示されたからといって
すぐに示談書にサインをしてはいけません、

保険会社は自社の保険金支払い基準に沿った
低い設定の損害賠償額を提案してくるケースが多いです。
なので、ここからが本格的な示談交渉が開始になります。


死亡事故の場合の示談交渉

死亡事故の場合、通常の傷害事故と比較して
感情的な面から、話し合いが難航することもありますが、
残された遺族の事を考えると、なるべく早いうちに
損害賠償金を支払ってもらうことが望ましいです。

なお、加害者に誠意が無く、話し合いの収拾がつかない場合、
被害者の遺族から加害者の強制保険に対して被害者請求も可能です。

示談交渉に関して加害者が何も反応を示さない場合、
内容証明郵便で交渉の開始を申し入れてみましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ