イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故に詳しい弁護士の選び方

交通事故の示談交渉で一番力になってくれる
専門家と言えば、やはり弁護士です。
訴訟をして裁判を起こす際も、弁護士の協力は必須になります。

しかし、「弁護士に依頼しても示談交渉がなかなか進展しない」
「何の立証活動もせず、お金と時間だけが過ぎて裁判が終わった」
という当事者の苦情の声も、ネット上では度々耳にします。


交通事故における弁護士選びのポイントを
いくつか挙げると、以下の通りになります。


過去に同じような事故を体験した被害者団体や個人の方に
 情報提供を求めて、交通事故を実際に手掛けた弁護士と、
 実際にどのような成果を挙げたかという事例を教えてもらう。


最寄りの地方裁判所で交通事故の裁判を傍聴し、
 法定での弁護士の活動や人柄を確認する。

 ※ある程度の数の裁判を傍聴していると、
  「このような弁護士に弁護を依頼したい」
  と思える弁護士に一定数出会えるはずです。


判例が掲載された「判例ジャーナル」「判例タイムス」などの
 専門誌で自分と同様や近い事例の事件を調べ、被害者(加害者)
 にとって満足な判決・画期的な判決を勝ち取った弁護士の事例を集める。


大手の事務所から中小の事務所まで関係なく、
 まずは相談という体でいくつかの弁護士さんに会い、
 各々の事故対応に関する方針や報酬額(率)を聞いて比較検討する。


相手が信頼の置ける相手であるかどうか、
 こちらの話を真摯に聞いてくれるかどうかを見極める。


交通事故に関しては、弁護士の専門性や力量・経験値には
大きな格差があり、仮に弁護士選びを失敗すると、時間とお金に
ロスが生じたり、交渉の状況次第では、取り返しのつかないことになります。

よって、1人会っただけで決めず、
複数の弁護士と面談や無料相談をして、
その手応えを踏まえて決めるようにしてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ