イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故の示談交渉について

交通事故の示談交渉は、事故で損害を負った人の
損害を補填してもらうために行われます。

つまり、示談交渉ができる人は、
この損害賠償請求権を持つ被害者と代理人になります。

仮に被害者が事故で死亡してしまった場合は、
相続人が示談交渉をする権利を引き継ぐことになります。


示談交渉時の心構え

示談交渉時の心構えとして大事なポイントは、
大きく分けて3つあります。

  1. 相手にこちら側の主張をきちんと伝える
  2. 相手の主張をきちんと聞く
  3. どのようにしたら良いか常に察したり考える

特に、交通事故に初めて会い、示談交渉も初めての場合は、
どんなに軽い事故であっても、交渉事に平静を保つのが
難しいかもしれません。

しかし、示談交渉も人間同士の交渉事ですから、
相手の主張を聞いたり、こちらの主張を聞いてもらう事を
円滑に進める上では、常に冷静に対応することはとても重要です。


そもそも、示談交渉の最終的な目的は
適正な損害賠償を受けることにあります。

誤ったり被った損害額の目安を計算するためには、
資料を集め、個々の損害を計算・検討する作業が必要になりますが、
こちらも冷静に地道に行わなければ、誤った結果を導いてしまいます。

以上の事から、示談交渉において
冷静さを保つ事は、非常に重要なことなのです。


示談交渉に必要な書類

示談交渉で示談金を決めるには、交通事故の
損害の詳細を把握出来る書類を準備する必要があります。

  • 人身事故か、物損事故か
  • 傷害事故か、死亡事故か

で必要書類が異なってくるので、注意してください。

以下の表に、主な必要書類とその入手先情報を
一覧にしてまとめたので、参照の上、活用してください。

事故状況 書類 入手先 目的
傷害・死亡 交通事故証明書 自動車安全運転センター 事故状況・事故車両などの特定のため
事故発生状況報告書 事故当事者など事故状況に詳しい人
診療報酬明細書 医師 治療費等の算定の為
給与明細書 勤務先 休業損害・逸失利益算定のため
源泉徴収票
確定申告書の控え
領収書 支払先 支払い実費の証明のため
傷害 診断書 医師 傷害状況を明らかにするため
後遺障害診断書 後遺症の内容や程度などを明らかにするため
休業損害証明書 勤務先 休業損害算定のため
死亡 死亡診断書
死体検案書
医師 死亡の事実と原因を明らかにする為
除籍謄本 市区町村 死亡の事実を明らかにする為
戸籍謄本 市区町村 相続人・相続分の証明の為


また、事故の様態をメモしたものや、
入院中の被害者に付き添っていた入院日誌、
交通費などの諸費用に関してメモしたしたものも
損害額を計算する時の参考資料や、重要な手掛かりになる事があります。

仮に保険会社が示談の相手になることが
事前に分かっている場合は、相手が被害者の損害を署名するために、
どんな書類を必要としているか、交渉前に聞いてみましょう

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ