イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


後遺障害等級の異議申し立て方法

後遺障害等級認定の申請をした結果として、
思っていたよりも低い認定結果が返ってきた時や
該当しない等の判断をされた時は、異議申し立てができます。


異議申し立てをする際は、

1.何故非該当や低い等級認定になったのか理由を分析する
2.理由が妥当ではなく、現在の各症状を裏付ける医証などを示す

の両方のプロセスが必要になります。


1.非該当理由・低い等級認定理由の分析
損害保険料率算出機構から送られてきた通知書を分析します。
回答が抽象的な文言でよく分からない場合は、詳細を確認する為に
加害者の自賠責保険会社宛に、理由開示の申し入れを書面で行います。


2.現在の各症状を裏付ける証明
現在の症状から認定理由が妥当ではないと思える記述を探し出し、
その事情を裏付ける医証などの作成を依頼し、提出を行います。


3.弁護士などの専門家に事前相談(任意)
実際に異議申し立ての準備を進める中で、認定理由が妥当であったり、
認定理由自体を調べても申し立てをするべきかどうか、
自分だけでは判断に困る場合があります。

その場合は、弁護士の無料相談、個別相談などの機会を使い、
異議申し立ての見込みがあるか、認定理由は妥当であるかを
確認することで、今後の方向性を定めることができます。



ちなみに、異議申し立てによって
認定結果が覆る事例は極めて少ないです。

背景としては、納得のいかない認定理由に対して
分析が不十分なまま、異議申し立てを
していることなどの可能性が考えられます。


その為、納得のいく
後遺障害等級認定を得るためには、
異議申し立てを前提に考えるのではなく、

被害者請求などにより、不利な事情を補ったり、
有利な情報を提出するなどして、初回申請で
万全の状態で勝負を仕掛けること
が非常に重要になります。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ