イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


後遺障害診断書の書き方

事故で怪我をした後、治療を通じて症状固定の時期になった時、
後遺障害等級認定の申請をするためには、まず主治医に
「後遺障害診断書」の作成を依頼することになります。

認定されやすい診断書の書き方の内容の傾向には、
大きく分けて2つのポイントがあります。

  1. 症状の裏付けとなる客観的な医学的所見
  2. 治療状況、症状推移などに関する記述


1.症状の裏付けとなる客観的な医学的所見
これは要するに、MRIやレントゲン検査などの、
痛みや手足が曲がりにくいといった、文章だけでは
立証が難しい自覚症状を立証する画像所見や各種検査の事です。

2.治療状況、症状推移などに関する記述
こちらの記述に関するポイントは、以下の通りです。
「病院での治療や診察を継続的に行っており、
該当する症状が消えることなく一環して継続していること」
「事故状況と後遺障害との間に関連性があること」

これらの認定理由を踏まえると、自分の症状が
後遺障害等級認定を獲得出来るかの見込みを立てることができます。


また、医者はあくまで治療の専門家であり、
後遺障害診断書作成のプロではない為、どのような記載内容が
漏れや不足のない後遺障害診断書なのかは分かりません。

ですので、実際に診断書を作成する際は、医者だけではなく
メディカルコーディネーター(MC)に病院に動向してもらい、
後遺障害等級認定に必要な検査を医師に依頼してもらいましょう。

MCは病院にはおらず、診断書を作る際に必ず必要という訳では
ありませんが、法律事務所の中には、MCとの協力体制を
構築している所もあるので、診断書の作成をサポートしてもらえるか
是非相談してみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ