イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


後遺障害12級について

交通事故における後遺障害12級とは、主に神経症状を指し、
「局部に頑固な神経症状を残すもの」に相当する症状の事を言います。

主な事例としては、頸椎捻挫、腰痛などの神経圧迫症状により、
握力の低下、局部の慢性的な痛みなどが発生する事例になります。


12級に該当する後遺障害は、他にも「指を失った」「耳の欠損」など
神経関連以外にも色々な場合がありますが、認定される多くの症状が
前述した神経症状である為、該当する13号のケースが特に多いです。

他にも主な症状の事例を挙げると

  • 5号:鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残す
  • 6号:一上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残す
  • 7号:一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残す
  • 12号:一足の第一の足指又は他の四の足指の用を廃した
などが、12級の後遺障害として認定される症状例になります。


後遺障害12級認定のポイント

まず、神経症状については、12級と14級の区別は難しいと
考える方が多いですが、判別するためのポイントがあります。

14級は「局部に神経症状を残すもの」であるのに対し、
12級は「局部に”頑固な”神経症状を残すもの」で認定されます。


つまり、後遺障害12級の認定を得るためのポイントは
神経症状が「頑固」であることを証明できるかどうかということです。

逆に、症状の「説明」に留まると、認定を得るのは厳しくなります。

この「頑固」の証明には医学的証明が必要になりますが、
それがなかなか大変な事から、後遺障害の14級から12級への
等級切替えは、最も難易度が高い認定の一つと言われています。


証明をする際には、他にも以下のような判断のポイントがあります。

症状を医学的に照明することができるかどうか
→被害者の説明だけではなく、医療の検証や調査による、
精度の高い画像資料やデータが必要になります。

自覚症状が説明できて、その内容や部位が、レントゲンなどの
外部から判断出来る情報・神経学的な検査結果と一致するかどうか

→食い違う場合は、虚偽の申し立てと疑われる可能性があります。


これらを守った上で異議申し立てや裁判を行うと、
後遺障害の等級認定が降りる可能性が高くなります。

また、異議申し立ては繰り返す度に承認が厳しくなりますので、
資料やデータを用意する際は、初回の異議申し立てを行う前に、
万全な状態の準備をしてから行うようにしましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ