イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。

交通事故の基礎知識

交通事故の予防や、交通事故の被害者の救済といった問題を
解決するための指針となるルールが法律です。


交通事故は、大きく2つに大別することができます。

・人身事故
→言葉通り、人の体に危害が及ぶ事故で、
 傷害事故もしくは死亡事故があります。

・物損事故
→自動車同士の破損のように、物に危害が及ぶ事故です。

特に、自動車同士の事故や自転車・バイク同士の事故の
多くでは、この両方が同時に問題になります。


また、事故が発生すると、加害者には
3つの異なる性質の責任が発生します。

  • 行政処分:道路交通法による反則金、免許の停止や取消し
  • 刑事責任:懲役、禁固、罰金など
  • 民事責任(損害賠償責任):被害者に対する損害賠償の責任

それぞれ、加害者に対し、対応する法律について、
不法行為の規定に基づいて処罰を下すことになります。


この中で最も重要となる事が多いのは「民事責任」、
すなわち、「被害者の保護をどのように図るか」という事です。

被害者の受けた損害を直接カバーするのは、
加害者による保険制度と損害賠償です。

すなわち、この両方について定められた法律
「民放」「自動車損害賠償請求法(自賠法)」に則って
発生した損害を金銭で賠償して被害者を保護することになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ