イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


危険運転致死罪の罰金について

危険運転致死罪の罰金に関しては、刑法で触れられていません。
「懲役1年?20年」という刑罰のみが定められています。
(自動車運転死傷行為処罰法より)

罰金に関する記述や判例が無いのは、
言い換えれば、危険運転致死罪を起こした罪が
「罰金で済ませる余地はありません」という事です。


似た刑罰対象で比較に挙げられやすいのは
自動車運転過失致死罪ですが、こちらに関しては
「5年以下の懲役 もしくは100万円以下の罰金」
という刑罰になると決まっています。


危険運転致死罪が自動車運転過失致死罪と違う点として、
危険を運転手が自覚していたにも関わらず運転をした結果、
起こした事故という点がポイントになります。


表にまとめると、以下の通りです。

事故名 被害者の容態 運転概要 罰金
自動車運転
過失致死罪
死亡
もしくは傷害
過失によって
人を死傷させた
最大100万円
(OR 7年以下の懲役)
危険運転
致死罪
死亡 故意の危険運転で
人を死亡させた
罰金の余地無し
(1~15年の懲役)


この危険運転に該当する行為としては

  • 飲酒運転
  • 無免許運転
  • 進路妨害、もしくは運転技術が未熟
  • 自覚した上での信号無視
  • 大幅なスピード違反
があり、該当するかどうかの判断で、
危険運転致死罪に該当するかどうかが決まり、
罰金の有り無しが左右されることになります。


なので、以上を踏まえて結論を述べると、
冒頭でお話した通り、危険運転致死罪は罰金ではなく、
懲役によって刑罰を科される犯罪になります。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ