イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故で健康保険は使えるのか

「交通事故で健康保険が使えるのか?」という点を
疑問に感じる人は多いですが、事故による負傷であれば、
健康保険の適用範囲に入り、保険証を使うことができます。


怪我が軽傷で入院の必要もなく、1回の診察で終わるような
場合であれば、健康保険を使わずに自費で支払い、後日改めて
かかった医療費を加害者に請求する、という形でも良いでしょう。

しかし、入院が続いた場合はかなりの治療費がかかります。
また、後遺症はすぐに症状が表面に現れず、むち打ち症については
半年や一年以上経ってから自覚症状が出ることも少なくありません。

そうなった場合、自己負担で立て替えておくことは
かなりの医療費がかかり、生活を圧迫する要因になります。


なので、外見上では何も変わったことや異常が無いという場合も、
必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

その上で医師の判断を仰ぐなど相談をした上で、
健康保険を使うかどうか決めるようにしましょう。


自分にも過失があり、過失相殺されることが事前に予想できれば、
相殺される分の治療費については、最初から健康保険を使う方が
有利な場合もあります。

自賠責保険では、交通事故による負傷について最大120万円まで
賠償してもらえますので、一般的には、限度額一杯までを治療費に充て、
120万円を超える部分の金額については健康保険を使っているようです。


健康保険・自賠責保険・労災保険について

交通事故で怪我を負い、病院で治療を受ける際は、
健康保険・自賠責保険・労災保険は全て、使うことが可能です。
(労災保険の場合は、通勤途中や業務中の事故に限ります)

これらは使う会社や選ぶ順序に決まりはなく自由に選べますが、
病院側としては、加害者が任意保険に加入していると予想して
自賠責保険の負担分も含めて、加害者の任意保険会社に請求するのが一般的です。


それを見越して、事故が起こった際には、保険証を使わなくても
治療を優先して行い、後日改めて保険会社に請求するケースが多いです。

なので、交通事故では、保険証を使ってはいけない訳ではなく、
使おうと思えば自由に使うことができます。

実際に被害者が健康保険などの保険証を使うケースとしては、
加害者が任意保険に加入していないなどの理由によって、
賠償金の支払い能力が無く、支払いが期待できない場合です。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ