イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


事故発生時の警察への届出について

交通事故を起こした際、加害者は事故の内容などを
警察官に報告する義務があります。

理由は、警察への届出が済んでいないと、

  1. 交通事故証明書を発行してもらえない
  2. 現場調査の実況見分書を作ってもらえない
というデメリットがあるからです。


これはつまり、

  1. 必要書類の交通事故証明書が発行されないと、
    保険会社に損害賠償金を請求することができない
  2. 実況見分書が作れないと、事故の状況が正確に保存されず
    不利な状況で示談交渉や裁判を迎える可能性がある
ということに繋がります。

仮に、加害者が重傷で警察への報告ができない場合でも、
被害者側で事故の内容や状況を警察に報告しましょう。


また、事故の現場では、軽い事故の場合や、
運転免許が停止処分になると仕事に影響する場合、
加害者側から「損害は全て支払うから」と言って
警察に通報しないことを頼まれるケースもあります。

しかし、被害者としては、仮に被害が軽いと思っても、
このような申し入れには応じるべきではありませんし、
必ず警察に報告をするようにしてください。


実況見分書について

実況見分書とは、死傷者が発生した人身事故の場合に
事故直後や後日行った現場検証の結果を書面にしたものです。

  • 日時、場所、立会人
  • 現場道路の状況(乾燥しているか、交通規制の有無)
  • 車両の状況(車種、番号、損害部位と程度、停車位置など)
  • 立会人の指示説明(初見の相手位置、ブレーキ開始位置、衝突場所など)

こういった情報から事故の状況が分かる為、
実況見分書は、刑事裁判において
最も重要な証拠の一つとなります。

その見聞書は、警察に届出を出さないと作成されませんし、
届出が遅れるほど、現場検証は後日に延期されます。


届出の期限が遅れると、被害者と加害者が
直接立ち会って検証することができなかったり、
事故当時の記憶が曖昧になってしまう事があります。

なので、交通事故を起こした際は、
可能な限り早く、警察に届出を提出するようにしましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ