イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故の過失割合算定について

交通事故の過失相殺では、加害者と被害者の言い分が対立することがあり、
基本的な過失割合の基準を参考にして、自分の遭遇した事故の場合は
どうなるのかを、交渉に向けてある程度知っておく必要があります。

本サイトを初め、ネット上では様々な基準や判例が掲載されていますが、
あくまでもこれらは、典型的な事故のパターンに関して、
基本となる過失割合を列挙したものに過ぎません。

実際は、事故毎にそれを修正するための情報や要素を考慮して
修正値を加算したり、減算したりする場合があります。


保険会社と示談交渉をする際に気を付けて頂きたいのは、
安易に自分の判断で妥協しないということです。

疑問点はネットや書籍を通じて過失割合に関して調べたり、
時間が無い・自分の知識では対処できないという場合は
弁護士・行政書士を頼ることも視野に入れてください。


保険会社が提示する過失割合について納得がいかない場合や
疑問が残る場合は、被害者の立場としては、少しでも自分に有利に
交渉が展開するように主張し、証拠を提出するようにしましょう。

保険会社が過失割合の修正に応じない場合は、
そのままの過失割合に従って損害賠償をされることになります。

妥協したくない場合は、訴訟も検討しているという
強い姿勢を示しながら交渉に臨むことが重要です。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ