イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


自転車対自動車事故の過失割合

自動車と自転車の間で起こった事故の過失割合は、
「歩行者と自動車の事故」の算定基準と
「バイクと自動車の事故」の算定基準の中間に設定されています。


自転車は道路交通法の上では「軽車両」と扱われ、
法律上では自動車やバイクと同様の規制を敷かれています。

しかし、自動車やバイクと異なる点として、スピードが
それほど出ない事から、加害者として見た際の危険度は低いです。

また、

  • 普通自動車免許が不要
  • 小中学生も老人も乗車する
  • 走行中に転倒する可能性がある
という点や、事故に遭った時に歩行者と同様、
自動車よりも大きな被害を受ける傾向が高いです。


これらの点を考慮して、自転車は歩行者と
全く同じではないものの、歩行者寄りの過失相殺として、
ちょうどバイクと歩行者の中間に設定されています。


交差点における直進車同士の出会い頭の事故

①信号機の有る交差点の場合

  • 自転車が青、自動車が赤:自動車の100%の過失
  • 自転車が赤、自動車が青:自転車が80%、自動車が20%の過失
  • 自転車が黄、自動車が赤:自転車が10%、自動車が90%の過失
  • 自転車が赤、自動車が黄:自転車が60%、自動車が40%の過失
  • 自転車が赤、自動車が赤:自転車が30%、自動車が70%の過失
が基本相殺率になります。


②信号機の無い交差点の場合

自転車20%、自動車80%が基本相殺率になります。


基本相殺率は、上記の図の通りです。

交差点における自転車の右折は、
二段階右折の方法によるものと扱い、二段階右折中の事故は、
直進車同士の事故類型に該当すると判断します。


修正要素について

自転車対自動車の事故では、
独自の修正要素があります。詳細は下記の表を参照ください。

修正要素に複数当てはまるものがあり、
加算率の合計が自転車の重過失における加算率を超える場合は
自転車の重過失の加算率に5%を加えた率を上限とします。

例えば、加算率が15%の場合、5%を加えた20%を上限と設定します。

加算 高速度侵入 約時速20km/hを超過していることを、高速度超過と呼びます。
夜間 夜間は、自転車側から前照灯ライトを点灯している車を見つけるのは容易な一方で、自動車側から自転車を発見することは容易ではないことから、修正要素とされています。
自転車の著しい過失 飲酒運転、わき見運転、2人乗り、無点灯(点灯の有無が事故の結果や損害に重大な影響を及ぼした場合に限る)などの行為が、これに該当します。
自転車の重過失 手放しの運転等が、これに該当します。
減算 横断歩道の通行 自転車が横断歩道を通過する時には、自動車の運転をする側が、歩行者を保護する観点から安全運転をするだろうという信頼を前提に考えられることから、自動車側の減算要素とされています。
老人や子供 幼児は6歳未満の者、子供は6歳以上13歳未満の者、老人は概ね65歳以上の者。
自動車の著しい過失 時速15km以上の制限速度違反、脇見運転、酒気帯び運転や著しい前方不注意などが、これに該当します。
自動車の重過失 時速30km以上の制限速度違反、飲酒運転、居眠り運転などがこれに該当します。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ