イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


自動車同士の事故の過失割合

自動車同士の事故は、歩行者が絡む事故と異なり、
当事者双方に、ほぼ同等の注意義務、
安全運転義務が課されるという特徴があります。

したがって、被害者側も何らかの過失がある場合が
ほとんどであるという前提で、過失割合を相殺します。


事故の形態としては、

  • 直進車同士の事故(信号機の有る交差点)
  • 直進車同士の事故(信号機の無い交差点)
  • 右折車と直進車の事故(交差点)
  • 路外出入車との事故
  • センターライン越えの事故
  • 同一方向に進行する車両同士の追突事故
などがあります。


直進車同士の事故(信号機のある交差点)

信号機が設置された交差点においては、
信号機の表示に従っていたかが
基本過失相殺率を決める上で基礎的な要素となります。

・赤信号と青信号車との事故の場合
赤信号車100%、青信号車0%が基本過失相殺率。
これに修正要素を加算する。


・赤信号車同士の事故の場合
50%対50%が基本過失相殺率となります。


直進車同士の事故(信号機の無い交差点)

信号機の無い交差点では、
①ほぼ同じ道幅の道路の場合
②一方が明らかに広い道路の場合
③一方が優先道路の場合
④一方に一時停止標識がある場合

などがあり、それぞれ過失相殺の考え方が異なります。


①ほぼ同じ道幅の道路の場合

左方優先の法則より、左方車40%、右方車60%が
基本相殺率となります。
(道路交通法36条1項1号)

但し、交差点においては、左方右方よりも
交差点に進入する際の速度が重要視される
ので、
速度次第では、この相殺率が60%対40%に逆転する事もあります。


②一方が明らかに広い道路の場合

→下図において、

  • 同程度の速度の場合:Aが20%、Bが80%
  • Aが減速せず、Bは減速した場合:Aが40%、Bが60%
が基本相殺率になります。


③一方が優先道路の場合

→下図において、Aが優先道路の場合、Aが10%、Bが90%
が基本相殺率になります。


④一方に停止標識がある場合

→下図において、Bに停止線と標識がある場合、

  • 同程度の速度の場合:Aが20%、Bが80%
  • Aが減速せず、Bは減速した場合:Aが30%、Bが70%
  • Bが減速せず、Aは減速した場合:Aが10%、Bが90%
  • Bが減速せず、Aは徐行した場合:Aが0%、Bが100%
  • Bが一時停止後に侵入した場合:Aが40%、Bが60%
が基本相殺率になります。


右折車と直進車の事故

別記事「右直事故の過失割合」をご参照ください


路外出入車との事故

路外出入車とは、駐車場やコンビニなどに出入りする車です。

路外車が道路に入る最中に直進車と衝突した場合、
直進車20%、路外からの車両80%が基本相殺率になります。


道路を右折して路外に出る際の事故の場合には、
直進車10%、右折車90%が基本相殺率になります。


センターライン越えの事故

道路交通法17条4項によると、車両は、道路の中央から
左の部分を移動しなければならないと定められています。

従って、中央線を越えて対向車と衝突した場合、
中央線を越えた車両の基本過失相殺率は100%です。




追突事故

道路交通法26条によると、同一方向を走る車の直後を走る場合は、
前方の車が急停止しても追突をしないよう、十分な距離を保って
走行しないといけないことが、法律上の義務とされています。

また、道路交通法24条によると、走行中の車は
危険を防止する為に、やむを得ない場合を除いて
急ブレーキをかけて急停止することを禁止しています。

以上の点を踏まえて、急ブレーキをかけたことが原因で
後続車が追突した事故の場合、追突された車は20%、
追突した車は80%が基本相殺率になります。


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ