イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故の過失割合 バイク事故の場合

バイク対自動車の事故は、バイクも自動車と同じく注意義務がありますが、
バイクの運転者や同乗者が被害者である場合には、一部のケースを除いて
過失相殺がバイク側に約10?20%有利であるという特徴があります。

ここで言うバイクが指しているのは、
大型自動二輪車、普通自動二輪車、原動機付自転車の3種類です。


自動車とバイクの事故では、ほとんどの場合において、
バイク側に怪我や死亡などの損害が生じます。

この点を考慮して、特別な場合(※)を除いて
自動車同士の事故の場合に比べて、バイク側に
約10?20%有利に修正されており、これを単車修正といいます。

※「赤信号でバイクが交差点に進入、自動車側は青信号」
 「バイクがセンターライン越え」などの極めて危険な事故形態


直進車同士の出会い頭の事故(信号機の有る交差点)

①左方がバイクの場合
②左方が自動車の場合

で、それぞれ過失相殺の考え方が異なります。


①左方がバイクの場合

  • バイクが青、自動車が赤:自動車の100%の過失
  • バイクが赤、自動車が青:バイクの100%の過失
  • バイクが黄、自動車が赤:バイクが10%、自動車が90%の過失
が基本相殺率になります。


②左方が自動車の場合の場合

  • バイクが赤、自動車が黄:バイクが70%、自動車が30%の過失
  • バイクが赤、自動車が赤:バイクが40%、自動車が60%の過失
が基本相殺率になります。


基本過失相殺率と修正要素の考え方

基本相殺率については、
原則としてバイクも自動車と同じ類型に沿って計算し、
上記の単車修正を踏まえた上で最終決定します。

修正要素も自動車と同じです。
該当する修正項目に沿って、
10?20%の加算減算を行います。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ