イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故で加害者がとるべき対応

交通事故を起こした加害者が、
事故現場でとらなければいけない対応措置は、
大きく分けて4つあります。

  • 自動車を止めて、事故の状況を確認する
  • 負傷した被害者を救護する
  • 道路上の危険防止措置をとる
  • 最寄りの警察署へ事故を報告する

指針となるのは、道路交通法72条1項です。
上から順に、ひとつずつ説明していきます。


1.自動車を止めて、事故の状況確認

事故を起こした時点で、加害者はすぐに自動車を止め、
怪我人や死傷者はいるのか、破損した車の状況、
道路における危険がないかどうかを確認します。

これは道路交通法72条1項に、加害者だけでなく
被害を受けた車両の運転手に対しても、
義務として課せられている内容になります。


2.負傷者した被害者を救護する

次に、加害者は、負傷者がいる場合は
救護をする必要があります。

具体的には、

  • 事故の後、すぐに救急車を呼ぶ
  • 止血や応急手当をする

などの対応をしたり、病院に搬送することです。

また、容態が思わしくない時や、
頭部を負傷している時などは、
無闇に負傷者を動かさないように注意してください。

それから、被害者にあまり大きな外傷が無く
大したことはないように見えても、運転手は決して
そのまま立ち去ったりせず、怪我の程度を確認しましょう。

くれぐれも、ひき逃げと勘違いされてしまうような
対応をとるべきではありません、


3.道路上の危険防止措置をとる

事故発生時は、一時的に車が進行通路を塞いだり
対向車や後続の車が事故現場と気付かず勢い余って
突っ込む等の二次災害が起こる可能性があります。

それを防止する為にも、加害者は
危険防止措置をとる必要があります。

具体的には、事故を起こした車両を
路肩などの交通の妨げにならない場所へ移動したり、
発煙筒や標識で後続車に事故の発生を知らせ、
誘導するなどの措置のことを指します。


4.最寄りの警察署へ事故を報告する

交通事故を起こしたら、速やかに、
最寄りの警察署または警察官に報告を行います。

具体的には、

  • 事故の発生した日時及び場所
  • 死傷者・負傷者の数
  • 負傷の程度
  • 損壊した車両や物
  • 事故にかかる車両の積載物
  • 事故に対して講じた措置
について、報告することになります。


措置義務に対して違反した場合の罰則

以上、ここまで述べた1?4の、道路交通法72条1項で
義務とされている措置に違反した場合は、罰則が課されます。

1?3の措置に違反した場合は、

  • 5年以下の懲役 または 50万円以下の罰金(死傷事故の場合)
  • 1年以下の懲役 または 10万円以下の罰金(物損事故の場合)

4の措置に違反した場合は、

  • 3ヶ月以下の懲役 または 5万円以下の罰金

が課されることになります。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ