イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故示談書の書き方

示談書の書き方には、法律上特に決まりがありません。

しかし、保険会社から保険金請求用の書類を一式受け取る際、
そこには書き込み式の示談書が入っていることが多いです。
示談書を書く際には、それを是非活用してください。


具体的に書く内容の、主な例を挙げると、以下の通りです。


1.事故当事者の住所と氏名
全ての被害者と加害者の住所と氏名を記入します。
運転手と車の所有権を持つ人が異なっている場合は、
所有者の住所と氏名も合わせて記入します。


2.被害者の車と加害者の車のナンバー(車両番号)
事故に遭った車を個別に判別するため、
車のメーカーと車種、車両番号を記載します。


3.事故が発生した時間と場所、年月日
「平成●●年 ●月●日 午前●時●分」
「●●県●●郡●●丁目●●番地 ●●通り交差点」
といったように、省略せずに性格に記入します。


4.事故の原因と状況
事故が発生してからの過程や状況を、可能な限り詳しく記入します。

示談にあたっては、自動車安全運転センターから
交通事故証明書が発行されますが、そこに記載されている内容と
事実関係が一致している必要があります。


5.示談の内容
加害者と被害者の間で、どのような内容の示談が行われ
成立したのかを、具体的に記入します。

  • 慰謝料や損害賠償の金額
  • いつまでにそれらの金額を支払うのか
  • 後遺症が発生した場合の対応
  • 支払いを怠った場合の損害金

なども合わせて書いておきましょう。

また、示談以降のトラブルを避ける為に、
「示談で一度決定したこと以外に関しては、今後一切請求をしないものとする」
という文言を付け加えておくことをお勧めします。


6.署名と押印
加害者と被害者全員の自筆署名・印鑑登録が済んでいる実印を押すのが
最も理想的です。パソコンで名前を印刷して作った示談書では、
万が一の場合、示談書を偽造したという疑惑が起きる可能性があります。


7.示談成立日
示談書作成日と同一の事が多いですが、
一致しない場合もある為、記載することをお勧めします。



また、記載内容を書く為のスペースが足りない場合は、
必要な記述を別の紙にまとめて、「別紙参照」という
注意書きを添えた上で、示談書に添えて提出します。


示談は一度行うとやり直しができないので、
当然、示談書の内容も訂正することができません。
作成する時は、慎重に内容を確認してください。

仮に一連の手続きや交渉で行政書士や弁護士の方に
協力してもらった際は、この示談書の内容に関しても
問題が無いか確認してもらうようにしてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ