イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故の示談における加害者の心構え

交通事故で示談交渉に加害者が臨む際は、
被害者に誠意を尽くすべきですが、
過大な請求には応じる必要はありません。

任意保険に加入している場合、事故を起こした際は
示談代行サービスが付いていれば、被害者との示談交渉は
保険会社が代行してくれるので、加害者の負担はかなり軽減します。


一方で、任意保険自体に加入していなかったり、
示談代行サービスが付いていないプランに加入した場合は
自分で被害者と示談交渉をしなければなりません。

この場合、被害者が、相場から
大きく反れた過大な賠償金を請求してくる事があります。

加害者であるという事に負い目を感じていたり、
責任を取りたいという気持ちから被害者の要求を
素直に飲みたいという気持ちもあるでしょう。


しかし、請求の内容が不当な場合は
その請求に応じる必要はありません。

慰謝料や損害賠償の金額については、
自賠責基準・弁護士会基準という目安があり、
このサイト等で、自ら相場を調べる事も十分に可能です。

基準を遥かに超える額の請求があった場合や、
自分だけでは判断できない状況だと思ったら、
是非、弁護士への相談を検討してください。


もしくは、調停を申し立てたり、
中立機関である交通事故紛争処理センターなどに対する
示談あっせんの申し立てをする解決方法もあります。


また、事故直後の現場で、
お互いに気が動転している時、被害者から加害者宛に

「私が100%悪く
全て私の過失によるものです。全損害を賠償します」

という念書や覚え書きを
書かされるよう要求される事があります。


こういった当事者同士の勝手な取り決めをしてしまうと、
後に示談が難航したり、保険会社が対応に困る原因になるので、
念書は絶対に事故直後は書かないよう注意してください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ