イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


示談代行サービス(任意保険)について

任意保険に加入している人の大半は、自家用自動車の
総合保険を利用している人が多いですが、一番の特徴として、
「示談を代行してくれる」というサービスが挙げられます。


示談代行サービスの内容は、名前の通り、
事故の加害者に代わり、被害者との示談交渉を行うものです。

示談代行はあくまでも加害者から要望があった時に行いますが、
最近の傾向としては、大半の加害者が、示談交渉を
保険会社の担当者に任せるようになっています。


仮に示談交渉が成立せず、訴訟して裁判になった場合も、
保険会社の顧問弁護士を加害者の代理人として立ててきます。

その弁護士費用も保険会社が負担してくれるので、
被害者の立場としては、非常に便利な保険であると言えます。

一般的に自賠責保険だけでなく、任意保険を十分に付けることが
叫ばれるのは、単に損害賠償金を払ってくれるという点だけでなく
この示談交渉を代行してくれるというメリットが非常に大きいのです。


もし加害者が自分の判断で示談をしてしまうと、
交渉の内容次第では、保険会社が支払う賠償金額が
相場に対して妥当な金額になる保証がありません。

なので、保険会社にとっても、
直接被害者と示談交渉できることは大きなメリットです。


特に交通事故に対する知識が不十分な加害者は、
どうしても事故を起こした事に対する負い目から、賠償金を
相場より高く設定したり、相手の不当な要求を飲む恐れがあります。

しかし、保険会社で専門の担当者が直接交渉に臨めば、
余計な感情を挟まずに、常に賠償額が妥当であるかという点を
正確に判断しながら、安心して示談交渉を進めることができます。


逆に、その弊害として、示談に関しては
保険会社に任せきりにして被害者への見舞いや謝罪に一度も行かず、
「誠意が無い」と被害者や遺族からクレームが来る判例もあります。


なので、示談交渉を代行するサービスの登場は、
交渉を進めたり、賠償金額を正当にする上では合理的な反面、

被害者の精神的苦痛が十分に癒されない道徳的な問題や、
無責任な風潮を助長する事にも繋がってきています。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ