イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故の示談とは

示談とは、交通事故の当事者同士の話し合いの末、
和解によって紛争を処理する契約のことを意味します。

例えば、事故を起こして被害者に怪我を負わせてしまった場合、
「損害賠償金を○○万円支払うことを約束します」
といった内容を当事者双方で取り決める、ということです。


実は、交通事故の人身事故の内、
90%以上のトラブルが、示談によって解決しています。

示談では、賠償額を当事者双方の過失の割合に応じて
お互いが納得いく割合になるよう話し合いで増減したり、
賠償金が一括で支払えない場合は分割払いにするなど、
それまでよりも問題を柔軟に解決できるようになります。

また、裁判所の関与を経ずに問題を解決できるため、
時間やお金を節約出来るというメリットも大きいです。


しかし、この話し合いの段階で加害者が
「自分に過失があったことを認める」「慰謝料の支払いに応じる」
と言っていたにも関わらず、実際にはいつまで経っても
支払いをしてもらえないという事もあります。

加害者に事故の後、何度も支払いを催促しても反応が無いと、
そもそも話し合いで解決した意味が無くなってしまいます。


そこで、示談を行った際は、事後のトラブルを避ける為にも、
慰謝料や賠償請求の具体的な方法や数字に関して、
示談書を取り交わしておくことが重要です。

この示談書は、自動車保険の請求の際にも必要になる、
非常に重要な書類になります。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ