イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故慰謝料に関する相談先

事故の交渉の最中、相手が保険会社の担当者など、
専門知識を持つ相手の場合、相手が提案してきた
損害賠償額が妥当なのかは、判断が難しい場合もあります。

こういう場合は、相談先として、
法テラスや日弁連交通事故センター、
弁護士事務所などに相談するのが一つの有力な手段です。

今回は、相談をする際の流れと注意事項を説明します。


1.どこの機関に相談に行くかを決める
一言に相談機関と言っても、色々な団体があり、
それぞれ、扱っているサービスや専門分野も微妙に異なります。
相談先が、何を専門に扱っている機関かを確認しましょう。

2.電話で確認と予約を行う
予約制の相談所もあります。法律事務所も、相手先が忙しい場合、
アポイントを取らないと無駄足になる可能性もあります。
必ず、事前に相談日時を確認し、予約を入れましょう。

3.必要書類を用意して持参する
短時間で事故状況や怪我の状況を漏れなく伝えるため、
交通事故証明書や診断書がある場合は、持参するようにしましょう。
事故現場の様子が分かる写真などがあると、尚良しです。

4.相談内容を事前にまとめて、話す準備をしておく
相談時間は30分?1時間の間で行われることが多いです。
必要な相談が行えるよう、話す内容を事前に決めておきましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ