イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故て?同乗者に支払う慰謝料

交通事故に遭った際、同乗者やその遺族から
賠償金・慰謝料を加害者(運転手)に請求する上での問題は、
運転手に乗せてもらった事が「好意同乗」か否かという点です。

好意同乗とは、事故を起こした際、運転手がお金を取らずに
親切心や好奇心から他人を自動車に乗せていた事を指します。
好意同乗の場合、同乗者への損害賠償額を、加害者は一部減額できます。

それ以外の点に関しては、同乗者でも
通常の事故の賠償金・慰謝料の計算と同じ考え方になります。


好意同乗として扱われるケースは、

  1. 便乗型
    ドライバーの好意で同乗した場合
  2. 無断同乗型
    車の保有者・所有者の意志に反し同乗した場合
  3. 同乗者に過失が認められる時
    ドライバーが飲酒運転だと分かっていた、運転中に話しかけた等
  4. 共同運行共用型
    同乗者にも運行目的が認められるもの

が分類として挙げられます。


このそれぞれの状況で、
好意同乗した場合の減額割合を考えると、

  1. 慰謝料のみ減額の可能性有
  2. 賠償金額減額不可能
  3. 20%?50%の賠償金額全体(慰謝料含む)減額
  4. 30%?50%の賠償金額全体(慰謝料含む)減額

程度の減額が認められている事例が多いようです。


上記を見ても分かる通り、好意乗車の行為自体に
過失相殺が適用されているという訳ではありません。


ですが例外として、飲酒運転を黙認してしまっていたり、
スピード超過を促すような指示を成していた場合は
過失相殺の対象になります。

好意同乗で実際に賠償金額が減額された判例

好意同乗を伴う事故において、
賠償金全体が減額された判例と
慰謝料のみが減額された判例を、参考事例として紹介します。


ケース1 同乗者に過失が認められた場合

飲酒運転であることを承知しながら、相手の勧めも無く
車に強引に同乗し、大降りの雨の中を高速道路で走行中、
運転手に頻繁に話しかける状況の中、交通事故に遭遇。

同乗被害者は、事故による全損害を請求するのは
信義則あるいは公平の原則に背く請求になるので、
過失相殺の法則に則り、全損害賠償額から
30%の減額を実施することが決まった。
(大阪地方裁判所、昭和62年判決)


ケース2 便乗型+同乗者に過失が認められる時

部活動の事故で右手首にギブスをした状況で、
親から止めていたにも関わらず、友人の好意で
自動二輪自動車で彼の運転する後部座席に同乗中、
自転車と接触して大怪我を負うことに。

「被害者自身がギブスを
 負っている状況を自覚していた事」
「運転手の友人が、被害者がギプスをしていることに
 気を遣いながら運転をしていた事」

以上二点が事故理由に直結するという見方から、
損害額を公平な視点で分担するということで、
20%の減額を実施する事が決まった。
(東京地裁八王子支部、平成元年3月判決)


ケース3 女性がナンパされてそれに応じ、乗車した場合

男性が遊び目的で女性を誘い、それに応じて
同乗した被害者が、その車の暴走事故によって負傷した場合、
慰謝料算定の減額規定により、酌量すれば足りると判断した。
(神戸地方裁判所、昭和58年判決)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ