イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


飲酒運転中に起きた交通事故の保険請求

飲酒運転中に交通事故を起こした場合の保険請求は、
結論から言うと、最も一般的な自動車保険である
対人賠償保険/対物賠償保険に関して言えば、

加害者本人は、保険会社の免責事項に含まれた場合、
自分の負ったケガや損害を補償する目的では、
一切の保険金を受け取ることができません。

逆に、加害者の車の同乗者、被害者には、
被害者救済という保険の目的から、
対人・対物賠償保険の両方とも支払われます。


ですが、それぞれの立場において、
保険の内容や特約・免責事項によって、
支払いがされるもの、されないものがあります。

※免責
=保険の概要に「こういう時は保険金を支給しません」
という形で書かれる注意の事で、契約の内容次第で、
「免責事項」という項目で保険の契約書に記載されます。


加害者の場合

加害者の場合は、飲酒運転をしていた場合、
支払われる保険と支払われない保険に分かれます。

・飲酒運転でも支払われる保険
→対人賠償保険(相手方の補償のみ)

・飲酒運転の場合は支払われない保険
→自損事故保険、搭乗者傷害保険

簡単に言うと、飲酒運転の場合は、
自分がケガや損害を負わせた「被害者の救済」を
目的とした相手への対人賠償保険は支払われるものの、

加害者自身が請けたケガや車の損害賠償は、
全て自分で支払わなければならないということです。


同乗者の場合

加害者の車の同乗者の場合は、
運転者が飲酒運転をしていたとしても、
原則として、保険会社は免責されません。

免責されるのは、原則として
飲酒運転をしていた本人です。
搭乗者傷害保険も請求することができます。

ですが、もし運転手が飲酒していたことを
同乗者が知っていた場合、過失が認められて
保険金の減額や過失相殺の割合が
厳しく設定されるなどの可能性があります。


また、搭乗者傷害保険は、該当する理由や背景があれば
満額支払われるもので、生命保険と特性は同じです。
実際に生じた損害を補填する目的の保険とは違います。

そして、これはあくまでも保険請求に関する話であり、
飲酒運転をしていた車の同乗者には、罰金や懲役などの
刑罰は別途下される可能性がある、と念頭に置いてください。


被害者の場合

被害者の場合も、加害者とは立場が異なるので、
対人賠償・対物賠償保険は支払われます。

しかし、加害者の加入していた保険の内容によっては、
支払われない可能性が無いとも言い切れません。

例えば、事故を起こした加害者の車両にかかる保険が
「運転中の本人・配偶者限定特約」などの影響で
第三者のドライバーの飲酒運転に対して効力が無かった場合、
例え飲酒運転だったとしても、保険が下りない可能性があるのです。

その場合は、被害者の加入する任意保険会社などに
自賠責保険を請求することになります。


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ