イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


示談成立後の保険金請求手続きの流れ

示談成立後に保険金を請求する場合、
保険会社に請求をするのは、原則として加害者自身になります。

しかし、この場合、加害者が受け取った保険金を
被害者に渡さないという可能性もあります。

他にも、そもそも交渉の時点から示談に立ち会ってもらえない場合や
示談が成立しているにも関わらず、保険金を請求してくれない場合には
被害者側から加害者の保険会社に対して、直接保険金を請求できます

これを「被害者請求」といいます。


また、被害者側が事故で負った怪我の治療が長引いた場合には、
示談成立前であっても、強制保険の仮渡し金を請求出来る場合もあります。


任意保険請求時の手続きの流れ

強制保険(自賠責保険)では、保険金の支払い目的が
人身事故に限定されており、物損では保険金が降りません。

また、保険金の金額にも限度があることからも、
大きな交通事故の場合、自賠責保険の保険金だけで
全ての支払いを満たせるというケースは稀です。

そこで、足りない部分を補い、支給されない部分の損害額を
補填(埋め合わせ)するためにも、自動車を運転する方は
任意保険は必ず入っておくべき保険であると言えます。


任意保険の請求手続きは、まず自賠責保険について請求し、
そこで不足した保険金の支払いについて、
別途、任意保険会社などに請求するのが一般的です。

しかし、これらは手続きが複雑になるのを防ぐ目的で、
任意保険に加入している場合は、まず任意保険の側で、
損害額全額の支払い手続きを行います。

その後、改めて任意保険会社が自賠責保険の会社に対して、
元々自賠責保険に支払うはずだった金額を支払うようになっています。


保険金請求の際に必要な書類は、
自賠責保険と任意保険でほぼ同じですが、
保険会社によって多少必要書類が異なります。

また、原則として任意保険も強制保険と同様に、
示談が成立していることが保険金を請求する場合の前提条件となります。


<参考>自賠責保険の請求をした後の流れ

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ