イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


行政書士に交通事故の仕事を頼むメリット

行政書士は、交通事故に関する書類作成と
手続きの専門家であり、加害者の保険会社担当者との
示談交渉を代行してくれることは一切ありません。

その反面、交通事故賠償の入口である自賠責保険請求の時点から
書類作成の支援を行ってくれる為、後遺障害の等級認定や
被害者請求の異議申し立てに関して、より詳しいサポートを受けられます。


よって、あくまでも問題を自分で解決したい前提があり、
その上で自分一人では解決できない部分に関して
サポートをしてほしい、という方に行政書士はお勧めです。

逆に、示談交渉の窓口になってほしいという場合や
後遺障害等級認定に納得のいく形で裁判に臨めることが
既に分かっている場合は、弁護士に依頼する事をお勧めします。


他にも、行政書士のメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 一般的に、弁護士よりも安価な費用で相談できる
  • 事故直後や治療中の段階からでも相談に乗ってくれる
  • 裁判を起こさない方向での最良の解決方法を目指せる


その反面、示談交渉では解決せず、
訴訟や裁判になった場合、改めて弁護士に依頼し直すという
ケースが発生する可能性があります。

また、保険会社では「弁護士特約」という
弁護士費用を300万円までを限度として負担してもらえる
特約がついていますが、行政書士の場合、営業所や担当次第では
スムーズに費用が降りないケースもあります。


これらのメリット・デメリットを踏まえた上で、
行政書士に依頼をするか、弁護士や公的な相談窓口に
問い合わせをするか、判断されることをお勧めします。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ