イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


物損事故の任意保険とは

物損事故の場合には、人身事故と違って
自賠責保険(強制保険)が降りませんが、
任意保険をかける場合、大きく次の4種類に大別されます。

  1. 対物賠償保険
  2. 車両保険
  3. 自動車運転者損害賠償責任保険
  4. 自家用自動車保険

1.対物賠償保険

自分の所有ないし管理している自動車が、
他人の自動車、家、堀、財産を破損し、加害者が被害者に対し、
損害賠償責任を負担するに至った時、加害者に支払われる保険です。

強制保険と異なる点として、
被害者請求の制度が無いという点が挙げられます。

この対物賠償保険は、言葉通りですが
相手の車に生じた損害について支払われる保険であり、
自分(契約者自身)の車が受けた損害については支払われません。

また、契約者側が飲酒運転を原因として起こした事故でも
保険金が支払われるようになっています。


2.車両保険

車両保険は、自分の車が、交通事故・火災・盗難などによって
破損または消失してしまった場合に、その損害分の金額を
被害者に支払ってくれる保険です。

よって、前述した対物賠償保険や、後述する
自動車運転者損害賠償責任保険とは、性質が異なります。

この車両保険を掛けてあれば、
車の契約者(所有者)が運転過失によって
自分の車を破損しても、保険金を支払ってもらえます。

そして、他の車にぶつけられて自分の車が破損した時も
支払ってもらえます。しかし、このケースの場合では、
加害者に対する損害賠償請求権が保険会社に移るので
二重に取ることはできません。

なので、車両保険を先に確保するか、
加害者側の対物賠償保険を優先するかというのは
法律上特に決まりは無いので、金額や条件を踏まえて
都合の良い方から取っていいことになっています。

また、こちらの保険に関しては、
飲酒運転をした場合、免責事項になっているので、
事故を起こすと保険金を支払ってもらえなくなります。


3.自動車運転者損害賠償責任保険

俗に「ドライバー保険」「ペーパー保険」と呼ばれ、
ドライバー自身にかける保険になります。

保険の機能自体は、前述した対物賠償保険と
系統が同じですが、一番異なる点は、対物賠償保険は
あくまでも車自体にかける保険だという点です。


4.自家用自動車保険

昭和50年代に保険会社が売り出した保険で、
対人賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、
搭乗者傷害保険、対物賠償保険の5種類をセットにしたものです。

現代では、これに更に車両保険も加えた
「自家用自動車総合保険」が主流になっています。


この保険の大きな特徴は、
保険会社が契約者の為に示談を代行してくれるという
サービスが付いている点になります。


保険会社はそれを売りにして宣伝しましたが、
近年、保険会社は経費がかかりすぎる点から
この示談代行に、むしろ消極的であると言われています。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ