イメージ画像

交通事故の慰謝料や示談に関するあらゆる問題を
被害者視点から円満に解決するために必要な知恵と情報を、
元法律初心者の視点から、分かり易く、圧倒的な情報量で配信。


交通事故に関する弁護士費用の内訳と金額

交通事故対応で弁護士費用がかかるのは、
示談交渉をする際と、訴訟をして裁判を起こす際の
2つの場面になります。

また、その弁護士費用の内訳は、
「着手金」「報奨金」「実費」「手数料」「相談料」になります。

裁判を起こす際は大抵の場合、この弁護士費用が
裁判にかかる費用の内訳で一番大きくなります。


弁護士会には弁護士法集規定というものが定められていますが、
漠然としている表記の為、あまり直接は役に立ちません。

その為、交通事故民事訴訟に関しては、
請求金額が3000万円以下の場合、その金額に対して

  • 着手金:請求金額の5%
  • 成功報酬:勝訴した金額の10%
という基準を弁護士会が提唱しているので、
概ねその位が基準だと思って下さい。


弁護士費用の内訳毎の概要

着手金
最初に弁護士に仕事を依頼した時点で払うお金です。
裁判の結果に関わらず、掛け捨てのような形のお金になります。
一般的な相場は数十万円ですが、依頼先によりまちまちです。

交通事故に関しては、着手金無料で仕事を請けるケースもありますが、
これは、過去の事例やその案件に関する手持ちの情報を調べることで、
事前にその裁判で勝てるかどうかを判断しやすいという背景があります。


報奨金
弁護士が交通事故の事件に介入することで
最終的に増えた慰謝料・賠償金の
「増額分」もしくは「慰謝料総金額」の約1割を支払います。

こうすることによって、弁護士が真面目に仕事をする事が
被害者と弁護士双方のメリットに繋がり、被害者もまた、
弁護士に対して協力的な姿勢で事件の解決を目指せる仕組みです。

注意するべきことは、「増額分」が報奨金の対象の場合、
結果としてあまり慰謝料が増額できなかった場合に
被害者が赤字や費用倒れになる可能性があるということです。


実費
実際に慰謝料獲得や示談交渉の最中にかかった、
印紙代、交通費などにあたるお金です。

弁護士さんが別の地域の方の場合、新幹線や飛行機は使うのか、
グリーン席などを使うのかなど、事前に確認しておきましょう。


相談料
一般的な相場は、30分5000円です。
無料相談の場合は、少しでも多くの案件を扱いたい、
相談の段階で慰謝料増額の生産性が高い案件か選別するなどの
訳有りである場合もあるので、ご注意ください。


また、訴訟を起こす場合は
これらとはまた別に、費用がかかる場合があります。
(訴状代、切手代、弁護士の交通費など)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ